品川のマンションの法定耐用年数の実態について

品川のマンションの法定耐用年数というのは、標準的な資産を対象にして、原則として、通常の維持補修を加えながら通常の使用条件で使用した場合の効用持続年数を基礎として定めると定義されているようです。
会計上の基準ですから、物理的な側面よりも効用、つまり経済的、機能的な価値に基づいているようです。
これは、時代によっても変化していきます。
法定耐用年数は、1998年に改定されているようです。
住宅の場合は、47年ですが、改定前は60年とおよそ2割短縮したことになるわけです。
もちろん、物理的な寿命が短くなったというわけではないようです。
これは、品川のマンションの機能的、社会的な要素が強いと考えられるようです。
むしろ、素材の質が向上して、建設技術も進んでいるようで、物理的な寿命は、現在のほうが伸びているようです。