品川のマンションの法定耐用年数の詳細について

日本に品川のマンションができ始めてから50年足らずの歴史しかなくて、物理的に朽ち果てて寿命を迎えた事例があまりないのが現状のようです。
しかし、一つの目安になるのが、法定耐用年数になるのかもしれません。
これは、会計上の減価償却費を計算するために財務省令で定められたもので、資産の種類、構造、用途によって違っているようです。
鉄筋鉄骨コンクリート造りや鉄筋コンクリート造りの建物の耐用年数は、1998年以降に建てられたものは、住宅で47年、事務所で50年になるようです。
ただし、あくまでも耐用年数が寿命であるとはいえないことに注意が必要になります。
このように品川のマンションの法定耐用年数の見方には、十分注意してマンション選びが必要になります。